スタッフブログ

社員インタビュー!!【柿根編】

今回は社員インタビューしていきたいと思います。
 
今回はこの方!!
P1310353
 
 
河:まず、役職とお名前、お仕事の内容を教えてください。
 
 
柿:CMO兼執行役員の柿根忍です。
 
仕事の内容はですね、通販事業、マネジメント全般、
販売戦略の立案と実行をしています。
バイヤー業務もですね、あとは河野くんの飲み相手です。
 
 
河:いや、ほんといつもいいお店に連れて行ってもらったり、
ためになる話をしていただいたり、感謝感激です。
 
 
柿:いえいえ、そんな(笑)
 
 
河:それでは次の質問にいかせていただきます。
趣味やお休みの日はなにをされていますか?
 
 
柿:趣味は読書ですかね〜
休みの日は妻と愛娘とお出かけしてます。
 
 
河:本はどういったものを読まれるんですか?
 
 
柿:一番好きなのは、浅田次郎さんの本ですね。
この人はコメディから時代小説までめちゃめちゃ広いジャンルの本を
書かれる方でしかもおもしろい!
その他には垣根涼介さん、大沢在昌さん、池波正太郎さんの本ですね。
ハードボイルドな感じなのが好きですね。
 
 
河:柿根さんのこの方達の著書に対する熱が
ひしひしと伝わってきますね〜ありがとうございます!
 
次に、柿根さんからみた
 
Irisグループの魅力はなんでしょうか?
 
 
柿:それは、「”原田光治”という人がいる。」でしょ
 
 
河:せっかく読んでいただいている読者の方々にはわからないですよ〜
 
 
柿:はいはい(笑)
 
まず、僕は昔から起業願望があったんですね。
 
社長業をいずれはやってみたい!そんな思いで働いていたんだけれども
その夢を叶えてくれた、実現することが出来た環境であるということですね。
 
 
”2012年4月2日”
 
 
この日は株式会社理由が発足した日なんだけど、
夢が叶ったまさにその日でした。
 
P1310406
 
 
 
Irisグループは、方向性が一致していれば、
どんな事業でも構想したのち発信することで
その事業をバックアップできる力をもっている、
裁量を与えてもらえることができます。
いうなれば、柔軟性がとても高い
そんな会社だと思います。
 
河:なるほど〜
なんか結局、原田社長がいたからこういう仕事が
今できているっていう感じにも聞こえますね…
 
でもホント社長は魅力的な方で、
このブログでは書き表せれないものを
もっている方ですよね。
 
原田社長について詳しく知りたい方は
直接会うことをお勧めします(笑)
 
当社ホームページ原田列伝
 
ぜひ読んでみてください!
 
 
次にお仕事のやりがいについて教えてください。
 
柿:やりがいかぁ〜
 
僕らは今、デジタルマーケティングという業界にいますよね。
 
この業界はすべての結果が数値として現れるんだけど、
この数値のせいでいい意味でも、悪い意味でも評価されるんだよね。
でも悪い結果が出たとしたら、それの対策を打てる。
昔じゃ考えられないんだよね。
昔は数字なんて売上でしか出てこないから。
でも売上なんて結果論に過ぎないんだよ。
 
それと比べると今はやる気と考える力があれば、やっていける。
 
僕は、スーパーポジティブだから
 
販売戦略を考えること自体が常に楽しいんだよね。
 
やればやるほど結果が出て、
昨日より今日、今日より明日と
進歩していくことができる、目に見えて感じれる。
 
そこがやりがいになっていると思うかな。
 
P1310407
 
河:スーパーポジティブ(笑)
僕にはまだ実感の湧くお話ではなさそうですが、
知識と実力がついていけば、わかるお話なんですかね。
 
 
次に柿根さんはどんな学生に来てほしいですか?
 
 
柿:とにかく熱い人だね!
 
熱量のある、エネルギーの塊みたいな人がほしいね!
 
それに伴って折れない心をもっていること。
 
あとはね〜
自分はできる!とか
 
今はできてないけどいつかはできる!っていう自己肯定感
 
自分のこの行動はまずかったから次はこうしようといった
 
適度な自己否定つまり内省力を持ち合わせていることが重要かな。
 
これはこの先仕事をしていく上で
大事だよということで伝えたいんだけど。
 
 
河:これは僕にとっても大事な話ですね。
心に刻んでおきます!
 
最後に就活生へのメッセージをお願いします!
 
 
柿:僕はまず、今まで面接に来た学生には転職というものが
本当にしんどいことを伝えます。
僕自身、この会社が五社目なんですね。
転職の際、本当に苦労しました。
 
その中で一社目の会社というのはとても重要だと思います。
 
自分の仕事感というものは、一社目で形成されるからね。
 
だからなるべく長く働ける会社に務めることが伝えたいね。
P1310429
 
河:入社前なのにそれをどう判断していけばいいんですか?
 
柿:それはな〜
 
とにかく多くの人、つまり会社の人事の方と
コミュニケーションをとることだよ。
 
時間じゃない、回数や人数を多くとる。
 
 
それをしていくには、企業研究に時間をかける
 
早くから取り組む事が必要だね。
 
そうしたら自分の中で判断材料が形成される。
 
こうして色んな人に会っていく中で、
 
”自分がどう在りたいか”
 
これがわかってくる。
今年就職活動をする学生たちは、
今すぐにでも取り掛からないと
この先の人生で後悔する可能性が
とても高くなると思った方がいい。
 
未来の自分への投資だと信じて。
 
 
 
まだ周りが始めてないからっていうのは
絶対にダメ。
周りと同じようにやってる時点で
もう半歩遅れていると同じなんだよ。
 
だからすぐ取り掛かる!
 
わかった?
 
P1310392
 
 
河:え?あ、はい。。。
いや〜僕もなんか感化されるインタビューでした。
ありがとうございました!
 
柿:いえいえ、どういたしまして。
 
河:以上、柿根さんのインタビューでした!
 
 
最後までお読みいただいてありがとうございました!