スタッフブログ

【職種紹介】Webデザイナーのお仕事について

こんにちは。
採用ブログ担当の住田です。
 
前回に引き続き、職種紹介の記事です!
 
第2弾となる今回は
 
Webデザイナー!!
 
早速紹介していきます!
 
当社のWebデザイナーの西上恭子さんです!!

P1330503

◆Webデザイナーになろうと思ったきっかけ

新聞を見ていた時、すごく可愛い
折込広告に目が止まりました。
こんな広告を作る会社で働いてみたいな〜と
ふんわりとした気持ちで
最初の制作会社に応募し、
それからデザイナーの道を歩んできました。
今では何かを表現し、伝えていくということの
おもしろさにはまっています。

◆IrisグループでのWebデザイナーのお仕事

P1330279加工

主にWebサイト、販促物、チラシなどの制作をしています。
デザインは、もちろん見栄えがいいことも大切ですが、
長い目で見て効果を出す、ということがとても重要です。
特にWeb制作は分析された上で結果が
はっきりと数値で表れるので
単なる「制作納品」ではない事を常に意識して行なっています。
またデザインだけでなく、
トータルでディレクションの役割をすることもあるので
お客様と直接お話しして
制作物のコンセプトなどを決めていきます。

▼過去に西上さんが手がけたWebサイト

 

◆Webデザイナーに対する思い

Webの世界は常に変化しているので、
世の中の流れに敏感になり、
それを取り入れて
何かを作り上げていかなくてはなりません。
また一方では、昔から変わらないものを
大事に伝えていくということも
デザイナーの仕事です。
正直しんどいことも多いですが、
そこがおもしろいところでもあります。

◆やりがい

なによりも、しっかりとした数値で
効果が出ているとわかった時です。
またその結果によってクライアントが
満足してもらえている時ですね。
自分が携わった制作物が何かに少しでも
影響していることが感じられる瞬間は
もう本当にぐっときます。

◆将来展望

若い世代の人たちに
自分の持っている限りの知識や技術を伝えていき、
その結果、制作部門がインターロジックの強みだ!と
まわりから言われるくらいの
会社の支えになれればと思います。
私自身としては、人を見極める力と
ディレクション力を身につけ、
全体をコーディネートすることのできる
デザイナーになりたいです。

デザイナー志望の方、志望でない方も
どうでしたでしょうか。
ユーザーからの反響がデザイン次第で
明確に差が表れてしまう可能性のある仕事。。。
怖くもあり、面白くもありって感じですね。
次回はWebマーケターについて紹介したいと思います。 
最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事