スタッフブログ

【職種紹介記事】Webマーケターのお仕事

こんにちは!
採用ブログ担当の住田です!
 
職種紹介シリーズ第3弾です!
 
今回は
 
”Webマーケター”
 
をご紹介いたします!
 
当社でこのWebマーケターといわれる職種を担っている方はこちら!
 
P1320609-e1489122788696-1024x708修正

ゼネラルマネージャーの松本さんです!
 
早速いきましょう!
 
◆Webマーケターのお仕事

●Webサイトへの集客プランの立案
●オンライン広告の運用代行
●アクセス解析を元にしたWebサイトの改善ポイントの抽出
●サイトが目標とする成果を獲得する広告面、サイトの改善内容の検討と提案
●オンライン上の施策実施による効果検証

◆オンライン広告運用の流れ

①クライアントへのヒアリング
まずは集客を行うクライアントの商品サービスの強みの確認と
ターゲットとするユーザーを明らかにするところから始めます。
その商品やサービスは他社と比較してどういった強みや特徴を持っているのか、
そしてそれらを売り込んでいきたいターゲットユーザーの
属性や興味関心ごとなどを明らかにします。

②市場調査と広告プランの立案

P13206051-1024x683修正

クライアントへのヒアリングで明らかになったターゲットユーザーに
オンライン広告でアプローチすることを想定し、
様々な分析ツールを使用して、
どのくらいのユーザー数がいるのかなどを調べます。
そして広告費用をかけて収益が見込めるのかを分析します。
またそれらのユーザーにリーチする際に
どういった広告手段を使うべきか、また広告内容も検討します。

③広告配信の設定
クライアントと広告プランについてすり合わせが出来れば、
広告の配信設定を行います。

④分析ツールを用いた広告運用とサイトアクセス状況の解析

P1320576-1024x683修正

実際に広告配信が始まったら、
ターゲットユーザーにきちんと届いているか、
そして広告に対して反響が得られているか、
ウェブサイトについて改善すべき点はないかを検証して、
改善を行っていきます。

⑤クライアントへの運用状況の報告
定期的にクライアントへ広告配信状況の報告と、
実施した改善内容に対して数値的に結果につながっているかなどを
検証して報告します。
また引き続きの運用方針を決めていきます。

◆Webマーケターに対する思い 

データを元にしてクライントと話をしていくからこそ、
正確に、かつきちんと理解してもらうために、
どのように説明していくかは意識をしています。
現状の問題点は何か、
どういった根拠で改善提案を検討したかを
しっかりと理解してもらうことで、
クライントにも納得をしてもらいながら
サポートを続けていきたいと考えています。
ネットマーケティングの業界では、
消費者のニーズや購買行動の変化に伴い、
新しい手法やノウハウがどんどんうまれてくるので、
それらを分かりやすくタイミングを逃さず
理解してもらうというのも重要なことだと考えています。

◆やりがい

自分が仕事で行うことが
ダイレクトに数値に反映されてくるというのが
やりがいでもあり難しさでもあります。
例えば広告配信についてだと、広告内容を変更するだけでも、
ユーザーからの反響が変わり、
より効率的に集客できるといった結果が表れてきます。
こういった対策を行うことで
改善につながるのではないかといろいろ考えながら、
いろんな事例を参考にして改善策を検討していきます。
本当に奥が深いですし、狙い通り検討した改善策が結果に
つながった時はとても充実感があります。

◆将来展望

当社ではIMA検定というネットマーケティングの実務スキルを
身に着けてもらう検定制度を運営しています。
この検定を通して、当社で実践して習得したノウハウや
ネットマーケティングスキルを
一人でも多くの人に身に着けてもらいたいと思っています。

現在、AIやIoTなどいろんな新しい技術がうまれてきていますが、
それらのネットマーケティング業界に関わる
最新のノウハウを学び続けていきたいですね。
それを分かりやすくより多くの皆さんにお伝えして、
役に立った!とか自社のマーケティングが変わった!という声を
たくさん頂けるようにしていきたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。
Webマーケターについてのお仕事について
お伝えできたでしょうか。
 
次回もお楽しみに!
最後まで読んで頂きありがとうございました! 

関連記事