ブログ

未経験OLが0からデザイン学んでみたvol.2 〜可愛くお料理を紹介してみよう〜

 

こんにちは。OL一年目の神代です。

これは、デザインへの憧れを持ちながら就活をしていた私が、運命的にデザインにゼロからチャレンジさせて頂ける会社に出会い、もがきながらも成長していく(予定)実話となっています。

 

前回のデビュー作から一週間(2020/04/27のお話を振り返りながら書いています)。
なんとか必要最低限のチュートリアルを終えた私は、イラレをインストールしていただいた際に上司から頂いた言葉を反芻していました。

「デザインはね、ある程度技術を習得すると、次はセンスの壁にぶつかるんだよ。」

その言葉を聞いたとき、おぉ恐ろしい予言だな…と思っていたのですが、
こんなに早くぶつかると思わなかった。
もうちょっとスキップで駆け抜ける予定だったのに、実は一歩先くらいに壁あった。

でも火蓋が切られたからには、やすやすと諦めるわけにもいきません。
気を取り直していきましょう。

デザインと言っても、web・ポスター・チラシ…様々ですよね。
「なにか可愛いものでモチベーションを上げつつ練習しよう!」と考えた私は、
お料理写真を使ったデザインに着手することに決めました。

しかし、社会人になってから一度も自炊をしていなかったため、友人に素材提供の依頼をすることにしました。

「ねえねえ、料理写真を使ったデザイン練習したいんだけど、なにか写真ない?」

「最近作ったガトーショコラがあるよ、はい」

そしていただいた素材がこちら。

なんか難易度高そうなの届いちゃった…。

これは、ベテランデザイナーさんが素材として使ってもどうにもならないのでは…?

でも逆に言うと、この写真で料理を可愛く美味しそうに見せることができたら、それは自分のスキルアップにつながるはずです。
今回私は、「女子ウケ」「手書き感」をテーマに、制作に取り掛かることにしました。
そうして出来上がった作品がこちら。

 

すごい。
伸びしろがすごい。

マウスパッドでリボンや線を描いてみようと努力したところも、評価のポイントです。

今回は、
・背景に自分で制作したオブジェクト(ここでいうハート)をパターンとして挿入する
・パス上文字ツールを使ってみる(Kikkawa Kitchenの文字を円状に配置しました)
・イラレのペンツールで画像の切り抜きを行う(センターのガトーショコラ(仮)です)
について、新たにチャレンジしました。

自分が思っていたよりもセンスの壁を壊す腕力がなさそうなことが判明しましたが、
少年漫画のヒーローも最初は大抵へろへろだよな!と思い出し気を取り直しました。

前途多難なOLの戦いは続く。

 

イリスグループでは一緒に働く仲間を募集しています

イリスグループを知る
現場のメンバーと話してみる