ブログ

未経験OLが0からデザイン学んでみたvol.6 〜華麗に電話を取り次ごう〜

 

こんにちは。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
2年目OLです。

お気づきの方もいらっしゃるかとは思うのですが、私は順調に2年目になってしまったというのに
このブログの中ではまだ2020年6月を生きているんですよね……。

うーん、タイムリープ!

デザイン始めたての頃の記録がなかなか多いのですが、生々しいほどの「未経験からデザインやったらこうなる」を
お伝えしたい所存ですので、どうぞお付き合いください。



さて6月某日、私のもとに大学時代の友人からこんな依頼が届きました。

「やほ〜

時間ある時にできたらでいいんだけど、

会社で使う電話取次ぎメモ作ってくれない?

会社で渡されたデザイン例、これでさ…ちょっと…」

小学生時代の「ほけんだより」を思い出させるワンコイラスト。

可愛らしいですが、新社会人の宿命である電話取次ぎの相棒としてはたしかに心許ないかもしれません…

デザイン鍛錬に励む毎日ですが「メモを作る」という発想がなく、なんだかおもしろそうだったので引き受けてみました。

この頃からデザインの参考にするため、よく雑誌を買うようになりました。
会社の巨匠デザイナーさんもおっしゃっていたのですが、出版物はとてもきれいにレイアウトされており、
デザインの勉強にうってつけです。
(もちろん、Webのデザインと紙媒体デザインとで作り方も変わってくるのですが)

ファッション誌のデザイン等参考にしながら作成したものがコチラ。

シンプルだけど大人の女性らしさも出せたら良いなあと思いながら作成していると、フォントの大切さをひしひしと感じました。

変わり種フォントを使いまくるより、ファッション雑誌で使われているようなノーマルめのゴシックを選ぶ方が
意外と求めているものに近づけるというのは大きな気付きだった気がします。

友人からは「自信を持って電話を取り次げるようになりました!」
「これなしでは電話対応ができません!」とのお客様の声をいただきました。

めでたしめでたし。



【おまけ】

同時期、別の友人からたくさんの手作りお菓子の写真をもらったのでこんなのも作っていました。
私は色選びがとても苦手で、「3色だけでセンスのいい色」という本を買ってそのまんま色コードをいれて遊んでいました。

フォントだけでなく色に関しても、まずは少ない色数で練習していくことが同じように大切なのかもしれません。
ホップステップジャンプ精神、大事!

OLの修行はまだまだ続く。



イリスグループでは一緒に働く仲間を募集しています

「会社の雰囲気が知りたい!」の声にお応えします
一日で選考が全て完結する1day選考会積極開催中!
イリスグループを知る
現場のメンバーと話してみる