スタッフインタビュー

谷口 泰明

Webマーケター

Q1, 主な仕事内容を教えて下さい

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに出稿するオンライン広告の作成・運用・分析・報告を行っています。クライアント様が広告を用いて集客を図りたいサイトやその商品の業界を調査した上で、目標・強み・市場規模などを考慮し、広告を作成します。
作成した広告をクライアント様に一度ご確認いただいた後に、実際に広告の配信を行い、配信の結果を分析→レポート作成という形で報告を行っています。
クライアント様によりますが、実際に訪問してレポート内容をご説明することもあります。

Q2. 仕事をする上で一番大変なことは何ですか?

広告の配信結果を分析して改善提案を行う部分が一番大変だと感じています。
取り扱う業界によって、商品の検索数や市場規模・ユーザーの数が異なるので、それぞれの業界に合った分析を行い改善提案を行う必要があります。業界ごとに大体の数値を把握し、ノウハウとして自分の中に蓄積していかなければならないので、都度、配信状況を確認するよう心がけています。また改善提案を続けていくと、既存の手法のみでは改善する部分がどんどんなくなってきます。Web広告業界では新しいツールや集客の効率化の方法が日々更新されていますので、より良い提案のために常に勉強を続けていかなければなりません。
そこも大変な部分だと感じています。

 

 

Q3. 実際仕事をしてみての感想は?

オンライン広告の運用は大体1ヶ月単位で見て改善を行っていくので、改善の1ヶ月後に思っていたような効果が現れなかったときは悔しい思いをしています。また、改善したからと言ってすぐにユーザーの反応が良くなるわけでもないので、2〜3ヶ月あるいはもっと長い期間、じわりじわりと数字を良くしていきます。
結果が出ないことに対して、焦りやもどかしさを感じていましたが、先輩・上司から長期的な目線でのアドバイスや軌道修正のためのヒントを教えていただけるので、日々前向きに頑張ることが出来ています。
今後は細かい改善だけでなく、もっと広い視野から改善提案ができるようにしていきたいなと思いますね。

Q4. 将来の目標は?

将来の目標は、IMA研究所として東京に進出し、最先端のウェブマーケティングを学べるIMA検定をより広く全国の人に利用してもらうことです。
そのためにまずは、今お付き合いさせていただいているクライアント様の成果を最大限にし、過程で得られる知識・ノウハウをしっかり自分の中に蓄積していきたいと考えています。