スタッフインタビュー

門出 悠希

メディアユニット AE

Q1, 主な仕事内容を教えて下さい

全国で発行している幼児向け学習フリーペーパーKidsDoの広島版の協賛企業を探して日々奔走したり、KidsDoのコンテンツや企画を考えています。
協賛していただいた企業様には広告としてのKidsDoで役立つことができるよう、読者の方々からのアンケートなどをもとに、掲載内容や企画などの提案もしています。

 

Q2, 仕事をする上で一番大変なことは何ですか?

大変なことはいくつかありますが一番大変なこと、と言われると、私は様々な業界に関する知識を勉強することだと感じています。
KidsDoはフリーペーパーですので、そういった情報誌についての知識だけがあればいいのかと言われると全くそんなことはなく、協賛企業を集めるためのいわゆる広告営業的な部分も少なからずあるため、広告の知識や、それぞれの業界の知識を広く勉強する必要があります。
これがなかなかに大変で、ネットなどで確かに様々な業界の知識を拾ってくることは難しくありませんが、業界全体の状況≠各企業様の状況ということが少なくなく、中途半端な知識では裏目に出てしまうこともあります。

しかし、そういったところで得られた経験はその業界の状況の1つとして自身の中で新たな知識になってくれます。これが積み重なり、ある程度の応用がきくようになってくると今度は業界の状況をお聞きする立場から、他の企業の情報をお教えする立場に変わっていきます。
そうなると種々様々なお話を聞かせていただけるようになり、有効な企画や内容をご提案できるようになってきます。
そこではどのような企画を考え、提案するのかというまた新たな壁が出てきますが、これも前述のものと同じ方法で以って、克服できると感じています。

Q3, 実際仕事をしてみての感想は?

私は入社に当たってはかなり楽観視していましたが、勉強が大嫌いな私でも全く知識のないマーケティングやITのことで仕事なんてできるのだろうかと、入社してから不安になりました。
しかし、グループ会社3社でそれぞれ研修を受け、IMA検定を受講し、そして先輩や上司の方々からの熱いアドバイスやご指導をいただきながら、気付けば、種々様々なことを学ぶことができていました。
相変わらず、勉強は嫌いですし、失敗することは少なくありませんが、それを許してくれる環境と方々のお陰で、入社当初に感じていた不安は全くありません。

 

Q4,将来の目標は?

将来の目標は、AIに仕事が奪われるのではないか?などと取り沙汰されていますが、そんな時代の変化に取り残されることなく、一生仕事をし続けられるような人材になることです。
今後どのような時代になっても、最終的に決断するのは人間だと考えています。
どんなに良い商品を持っていても、それを売るためには営業力が必要になると思いますので、まずはどこにいっても通用するような営業力を培っていきたいですね。